学校法人聖公会聖母学園 幼保連携型認定こども園 聖公会聖母こども園space.pngsan.gif

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

お問い合わせフォームへお問い合わせフォームへ新潟県三条市月岡2-11-4 TEL:0256-33-2433

kumo_top1.pngkumo_top1.pngkumo_menu_en1.pngkumo_menu_en1.pngkumo_shien1.pngkumo_shien1.pngkumo_year1.pngkumo_year1.pngkumo_daily1.pngkumo_daily1.pngkumo_en1.pngkumo_en1.png

入園案内入園案内



New_Icon_gr_01.png今月のいちごらんど

今日のこども園今日のこども園

今日の給食今日の給食

子育て支援子育て支援子育て相談子育て相談

くすりの連絡表ダウンロードくすりの連絡表ダウンロード与薬依頼書ダウンロード与薬依頼書ダウンロード

 ◎ 今月の園だより

今月の予定カレンダー

2018年6月28日  
聖公会聖母こども園  

◎7月の園だより

 7月が来ます。朝泣いて登園していた子ども達も笑顔でお家の方とサヨナラをして保育室へと
行けるようになりました。お友だちとの関係も少しずつ出来てきて、お家でもいろいろなお友だちの名前が聞かれるようになったのではないでしょうか。そんな7月の風景を少しお伝えしたいと思います。
ゴールデンウイーク明けに子ども達が植えたトマトに青い実が付きました。これから太陽の光を
サンサンと浴びて赤く、赤くなっていくことでしょう。自分で育てたトマトは特別です。普段はトマトが嫌いな子もパクッと食べられるのですから。どんな味がするのでしょうね。今年もみんなで食べられるようにと、先生が大切に小さく切り分けたトマトを食べる日が楽しみです。
 お散歩カーやベビーカーに乗って、お散歩にお出かけするのはつぼみ組さんとくるみ組さん。お散歩の帰りには、必ず職員室の窓の下から「ただいまー」と声をかけてくれます。「おかえりー」と窓から顔を出すと、ニコッと笑顔を見せてくれたり、摘んできた野花を見せてくれたりします。自然の風や光を感じて子どもたちの五感も育っていくのですね。
 あるお部屋ではプリンセスたちがおままごとを楽しんでいます。頭には金色に光るティアラも!
そう言えば、この間担任の先生が折り紙で作っていました。よく見ると王子様もいるようです。ごっこ遊びがとっても楽しそうです。
 年長さんでは先生が「7月7日は何の日でしょうか」とクイズです。「ハイ!護摩堂山」「ハイ!キャンプンの日」(残念!でも護摩堂山登山や一泊キャンプキャンプが楽しみなみんなの気持ちは良く分かりますよ。)その後先生のヒントでちゃんと正解の「七夕」の答えが出ました。
 屋上のプールにも日よけのテントが張られました。さあ、水遊びが始まります。未満児クラスのお友だちもビニールプールや、1人用のたらいで水に親しんでいきます。
本格的な夏の始まりです。心も身体も解放されるこの時期にしかできない遊びをたくさん楽しんでいきたいと思います。

園長 渡辺龍子

入園案内入園案内

幼保連携型認定こども園
27年度は、「子ども・子育て支援新制度」が施行され、園も幼保連携型認定こども園に移行するなど何かと変わり目の年になります。▶幼保連携型認定こども園とは…
新制度に関連することなど、ご不明な点は園までお問い合わせください。


学校法人聖公会聖母学園
聖公会聖母こども園
TEL:0256-33-2433  
FAX:0256-33-0591
住所:三条市月岡2-11-4 (周辺地図) 
メールアドレス:info@seibo-kids.com