学校法人聖公会聖母学園 幼保連携型認定こども園 聖公会聖母こども園space.pngsan.gif

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

お問い合わせフォームへお問い合わせフォームへ新潟県三条市月岡2-11-4 TEL:0256-33-2433

kumo_top1.pngkumo_top1.pngkumo_menu_en1.pngkumo_menu_en1.pngkumo_shien1.pngkumo_shien1.pngkumo_year1.pngkumo_year1.pngkumo_daily1.pngkumo_daily1.pngkumo_en1.pngkumo_en1.png

入園案内入園案内



New_Icon_gr_01.png今月のいちごらんど

今日のこども園今日のこども園

今日の給食今日の給食

子育て支援子育て支援子育て相談子育て相談

くすりの連絡表ダウンロードくすりの連絡表ダウンロード与薬依頼書ダウンロード与薬依頼書ダウンロード

 ◎ 今月の園だより

今月の予定カレンダー

2019年6月30日  
聖公会聖母こども園  

◎7月の園だより

梅雨の晴れ間に、待っていましたとばかりに園庭に飛び出していく子ども達。葉っぱを摘んだり、
砂場でダイナミックに遊んだりしています。そして様々な発見もあるようですよ。

エピソード① 園庭のすみっこにカラスノエンドウが・・よく見るとちゃんと実がついています。「あっ、カラスノエンドウだよ。」「食べれるのかな。」「よくわからないから調べてみよう。」「食べれたらさ、給食に入れてもらえばいいんじゃない。だってタダだし。」(調べてみました。カラスノエンドウは食べられるそうです。今度チャレンジしてみよう。でも給食に使うのはやめておこうかな。)
エピソード② 園庭では虫探しも盛んです。ダンゴムシは枯草の下、オケラも見つけました。初めて見るオケラに興味津々です。園庭の隅っこの桜の木の近くで、さっきからじっとしているA君、B君。「何しているの?」「見て見て」と喜んで指さすA君の先にはアリの行列が。「すごいでしょう。」「本当だ。」 そんな会話も耳に入らないのか、声も出さずに見入っているB君の姿もありました。
 小さな虫、野の草花を見て、触れて、感じて、子ども達は自然への関心や愛情を育てていくのですね。
エピソード③ 年長さんのお部屋に遊びに行くのが楽しい年少さんのCちゃん。制作遊びの仲間に入りたくて、ハサミを持ちました。すると、手を切っては大変と、すかさずお姉ちゃん2人が紙の両端を持って「切っていいよ。」 Cちゃん、大満足で制作遊びを満喫しました。
お部屋に戻る時も、「階段は危ないからね。」と、Cちゃんを前後左右からしっかりガードして送って行ってくれているそうです。ちょっと過保護かなと、思わなくもないですが、自分達より小さな子を大切に思う気持ちがとっても嬉しく微笑ましいです。


園長 渡辺龍子

入園案内入園案内

幼保連携型認定こども園
27年度は、「子ども・子育て支援新制度」が施行され、園も幼保連携型認定こども園に移行するなど何かと変わり目の年になります。▶幼保連携型認定こども園とは…
新制度に関連することなど、ご不明な点は園までお問い合わせください。


学校法人聖公会聖母学園
聖公会聖母こども園
TEL:0256-33-2433  
FAX:0256-33-0591
住所:三条市月岡2-11-4 (周辺地図) 
メールアドレス:info@seibo-kids.com